2007 02 / 01 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫04 next month
スポンサーサイト  --'--.--.--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
主人の実家に亡くなったお祖母ちゃんが作ってくれた、
”主人用の着物”があることがわかり、
東京へ送ってもらいました。

       おとこの着物
左:ウールの羽織・着物のアンサンブル   
中:紬の羽織・着物のアンサンブル
右:絵羽模様の長襦袢
      (↑派手な模様ですが、中に着るので見えなくなります。
        これが江戸時代からの男性の着物の隠れたお洒落。)

和裁が趣味だったお祖母ちゃんが、
主人のために手縫いしてくれたものだそう…。
(主人が高校生か大学生のころの話だそうです。)
一度も手をつけたことのない状態で発見されましたが、
大きな痛みもなく、無事でした。


お祖母ちゃんに、一目、着ているところを見せてあげたかったな~と思いつつも、
お祖母ちゃんが亡くなった後にも着物が残っていく…ということに感動してしまいました。
孫のために、一生懸命縫ったんだろうな~。

生地の色も、とっても素敵。。
裄(袖の長さ)が少し短いので、お直しをし、クリーニングにもだして、
2人で着物を着て、写真でも撮ってみようかな…と思います。

これから大切に着ていきたいと思います。



スポンサーサイト
 | わたしのきもの時間きものごころ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
父母の結婚記念日を祝して
神楽坂で食事をすることになりました。

以前から密かに計画を練っていた
「母に着物を着せて、父とデートをさせよう作戦」を実行。!!

父には、完全に内緒にし、夕方の待ち合わせを…。。
私は、自分も着物姿で実家に行き、母に着付けを…。。

母が自分のためにコーディネートした着物です。
着付け  着付け2
紫の小紋に、雪輪模様の紬帯。
着物で出歩いたことがないので、苦しくないよう注意して着付けました。

おばあちゃんもニコニコ。よい写真。
P2030044


いざ、神楽坂へ!!
待ち合わせの瞬間。父の顔がすこし緩んだのを、見逃しませんでしたよ!!
神楽坂


この日の神楽坂は節分ということもあり、
獅子舞が、街とお店を回っていて、風情がありました。
(頭をかんでもらえました!)
芸者さんも多い神楽坂は、着物屋さん、和風の小物やさんが多いので、
着物姿の母と父と三人で、散策も…。。。

旦那さんが、花束を母にプレゼントしてくれ、
着物を着て母もルンルンで、よい表情の写真がたくさん撮れました。
神楽坂 (2)


なかなかよい親孝行ができたかな?
わたしに たくさんの素敵な着物をプレゼントしてくれた母。。
これからは一緒に着物姿でお出掛けしようね~と思っています。
神楽坂 (1)




 | わたしのきもの時間きものごころ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

最近の記事

リンク

FC2カウンター

カレンダー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。