2017 04 / 03 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05 next month
スポンサーサイト  --'--.--.--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
主人の実家に亡くなったお祖母ちゃんが作ってくれた、
”主人用の着物”があることがわかり、
東京へ送ってもらいました。

       おとこの着物
左:ウールの羽織・着物のアンサンブル   
中:紬の羽織・着物のアンサンブル
右:絵羽模様の長襦袢
      (↑派手な模様ですが、中に着るので見えなくなります。
        これが江戸時代からの男性の着物の隠れたお洒落。)

和裁が趣味だったお祖母ちゃんが、
主人のために手縫いしてくれたものだそう…。
(主人が高校生か大学生のころの話だそうです。)
一度も手をつけたことのない状態で発見されましたが、
大きな痛みもなく、無事でした。


お祖母ちゃんに、一目、着ているところを見せてあげたかったな~と思いつつも、
お祖母ちゃんが亡くなった後にも着物が残っていく…ということに感動してしまいました。
孫のために、一生懸命縫ったんだろうな~。

生地の色も、とっても素敵。。
裄(袖の長さ)が少し短いので、お直しをし、クリーニングにもだして、
2人で着物を着て、写真でも撮ってみようかな…と思います。

これから大切に着ていきたいと思います。



 | わたしのきもの時間きものごころ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://yosumiyurikimono.blog115.fc2.com/tb.php/10-a563cb29

最近の記事

リンク

FC2カウンター

カレンダー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。